膀胱炎

AJ004_L

【膀胱炎】

尿道から進入した雑菌によって膀胱に炎症がおこる病気です。排尿痛・残尿感・下腹部痛・頻尿・尿混濁などが、膀胱炎の特徴的な症状です。女性は尿道が約3~4cmと男性に比べて短いため、膀胱に雑菌が侵入しやすくなります。

尿が近くなり、トイレから帰ってきてもまたすぐ行きたくなったり、尿をしたあともまだ残っている感じ(残尿感)がしたりする症状で始まります。また、女性では尿道と膣の入口と肛門の位置が近いためセックスや排便のたびに、膣だけでなく尿道へも雑菌が侵入しやすくなります。細菌が増殖してくると、排尿時(特に出終わる時)に痛みが現れます。

これらの症状があっても病院に行かないで我慢していると、排尿しない時にも下腹部が痛むようになります。細菌に膀胱粘膜が傷つけられて、目でみてわかるほどの血尿が出ることもあります。血尿は、出始めから出終わりまで同じ濃さではなく、膀胱がからっぽになる最後に強くなる排尿終末時血尿のことがほとんどです。

 膀胱炎では熱はでません。熱がある時は、細菌が腎盂まで上っていって腎盂腎炎を起こしていると思われます。

不潔な手や体、不潔な場所でのセックスなどが原因で膀胱炎になることもあります。常に清潔なセックスをこころがけましょう。

【膀胱炎の治療方法】

診断は、尿検査と尿中細菌培養でつけられます。これらの検査を受ける時には採尿法に注意が必要です。出始めからの尿をコップにとると、腟の白血球や細菌が混じり、膀胱炎と誤診され、その治療ということでむやみに抗生物質を飲まされること膀胱炎になります。

正しい尿のとり方は中間尿といって、出始めの尿はコップにとらずに便器に流してしまい、中間の尿(厳密には尿を途中で止めたりしないで、飛び続けている尿線にさっとコップを差しだして中間の尿をとるのが理想)だけをコップにとります。

中間尿もしくはカテーテルでとった尿の中に、顕微鏡で1視野10以上の白血球がみられ、尿培養でも大腸菌などの腸内細菌が生えてくれば、膀胱炎と診断されます。

抗生物質などの服用で、普通は2週間から1ヶ月くらいで治ります。

【あなたはどう?】クラミジア・エイズ・淋菌・梅毒・・・
心配なまま放っておくのは一番良くありません。
そんな時は ◆性病検査 STDチェッカー◆

自宅でカンタン、匿名検査。結果はセキュリティサイトで確認、プライバシー対策万全です!

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る