カンジダ膣炎

AJ014_L

女性では、カンジダ膣炎もっともよくみられる感染症です。
妊娠などで抵抗力が落ちるとセックスがなくても膣内に常在している菌が増殖して症状がでます。カンジダ膣炎は膣や外陰部の水虫ともいわれています。
外陰部に激しいかゆみと、カッテージチーズ状(酒かす)の白いオリモノがたくさん出るのが特徴
です。

男性では軽い排尿痛やかゆみ程度で気づかないこともあります。

【カンジダ膣炎の治療方法】
治療には、抗真菌剤が使用され洗浄をした後に抗真菌剤のクリームや膣錠で治療を行います。治療期間は2週間程度になります。 感染を繰り返しやすい人は、通気性のよい下着をつけたり、抵抗力を落とさないような日常の生活にも注意が必要です。

『自分でできる。自宅でできる。在宅健康チェック!』

忙しくて病院に行けない。
病院に行くのが恥ずかしい。怖い。
何科に行ったらいいのかわからない。。。。

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る