子宮頸ガンとは?

AJ021_L

■子宮頸ガンとは、どんな病気?
子宮は洋ナシを逆さにしたような形です。その下部3分の1の細くくびれた部分を子宮頚部、上部の膨らんだ3分の2を子宮体部といいますが、「子宮頸ガン」は子宮頚部にできるガンのことです。 20年ほど前は、子宮頸ガンと子宮体ガンの症例数の割合は4対1くらいで、子宮ガンといえば子宮頸ガンをいいました。でも最近は2対1くらいの割合になり、必ずしも子宮ガン=子宮頸ガンではありません。 他の病気に比べて、子宮頸ガンがそれほど怖い病気と考えられていないのは、初期の進行がゆっくりだからです。初期の段階で発見されればほぼ100%治るそうです。 若くても婦人科の定期健診は積極的に受けましょう。子宮頸ガンが多く見られるのは30~40代ですが、子宮頸ガンは中年以降だけの病気ではないことを肝に銘じておく必要があるようです。

■子宮頸ガンは、なぜできる?
最近は、ヒトパピローマウィルスに感染して起こる「HPV感染症」が原因といわれています。ヒトパピローマウィルスには色々な型があり、STD(性感染症)のひとつである尖圭コンジローマも、このウィルスのひとつの型でおこります。子宮頸ガンをひき起こすヒトパピローウィルス の型は、尖圭コンジローマとは異なる高リスク型ですが、セックスによって感染するのは同じです。つまり子宮頸ガンもSTDのひとつという見方もされています。 もちろ、、ヒトパピローマウィルス(HPV)に感染したからといって、子宮頸ガンになあらない女性も多くいます。ただしHPVに感染していない女性には子宮頸ガンが発症するケースはほとんどないようです。 子宮頸部がん・パピローマウイルス検査セット また、低容量ピルを服用していると、頚部の粘膜がただれやすく、ウィルスに感染しやすいとみられるので、ピルを服用していつ人は婦人科検診を欠かさないようにしましょう。

■子宮頸ガンは、どんな症状?
子宮頸ガンは、初期の段階では自覚症状がほとんどありません。不正出血や血色やウミが混じったオリモノ、腐ったような臭いのオリモノがでるようになると、湿潤ガンに進行しています。このような症状がでたらすぐに婦人科で受診をしてくだsだい。

■子宮頸ガンの検査方法は?
問診の後に子宮頚部の粘膜細胞をこすりとって採取する「細胞診」があります。痛みも出血もほとんどありません。生理中は受診できませんので気をつけてください。この検査を念に1回、3年以上続けて受診して以上がなかった場合は検診の間隔を2~3年に1回のペースにしても構いません。「細胞診】で、以上がみつかったら精密検査がひつようになります。

■子宮頸ガンの予防方法は?
HPVに感染しないうように、セックスの時にはコンドームを正しく使うことが有効な手段です。また、パートナーもあなたも現在感染していないなら、ステディなセックス関係を保つのが予防法になります。子宮頸ガンに限らず、ガンは免疫力が落ちると発症します。 たばこやストレスは免疫力を低下させますので注意しましょう。そして、初期に発見されれば治るのですから、定期健診を受けるのがいちばんの予防法です。

自分でできる。自宅でできる。子宮頸部がん・パピローマウイルス検査セット 忙しくて病院に行けない。病院に行くのが恥ずかしい。怖い。何科に行ったらいいのかわからない。。。。 こんな人にぜひオススメです。

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る