• 2016.1.12
  • 性行為感染症とは はコメントを受け付けていません。

性行為感染症とは

HW021_L

性行為感染症(STD)とは、性感染症、つまりセックスによって感染する病気のことです。
STDとは
STDとは英語の頭文字をとったもので、「性感染症」(性病)のことを意味します。(STIと呼ばれることもあります)
STD(エスティーディー)と言えば聞こえのいい感じがしますが、症状が出にくいものもあるため、感染して気づかないでいると、知らない間に体がむしばまれていきます。

例えば昔からよく知られている梅毒、淋病、他にはクラジミア感染症や性器ヘルペスなどといった様々な種類があります。こういった性行為感染症(STD)は、現在、若者を中心に流行の兆しがみられています。

性行為感染症(STD)の中でも特に感染者が増加していっているものは、淋病とクラジミアです。

性病と性感染症の違い

STDとは性行為感染症(STD)の中でも特に感染者が増加していっているものは、淋病とクラジミアです。淋病は、大昔から存在する病気で、主に男性がかかりやすい病気です。この病気は、先進各国ではすでに過去のものとなる傾向にある中、日本だけでは近年、感染者が増加傾向にあります。

また、クラミジアは女性の感染者が増加していっています。

そしてHIV(エイズ)感染症。
この病気も、淋病と同じく先進国では増加がおさまってきているのに対し、日本では患者がどんどん増加していっているのです。

性行為感染症・STD(性病)は、誰でも感染しやすいだけに、正しい知識と正しい行動をとってこそ、予防につながります。

性感染症の厄介なことは、感染部位が陰部であることが多いため、医師を含めた他人に見てもらうのに抵抗があること、炎症や潰瘍の病巣は原因病原体が多く存在することなどがあるため、性行為により益々感染が拡大する恐れがあることです。

更にもう一つ、衛生状態が改善されると感染症は少なくなります。

しかし、衛生状態がいかに整備されても、性教育や道徳教育がいかに施されても、性感染症が減少するとは限りません。

STD対処法
排尿時に痛みが・・・これは何の症状? 
おりものがいつもより多いけど・・・?
もしかして性病かな・・・? 
こういう時ってどうしたらいいか悩みますよね。
いろいろ悩んでいるうちに、「忙しいし・・・なおってきたみたいだし・・・もういいや。」なんて思っていませんか?

最近の性感染症(STD)の傾向

性病って、実は症状が出にくい場合が多いのです!
STD(性病)は、症状が出にくい場合が多く、感染して気づかないでいると、知らない間に体がむしばまれていきます。
クラミジア や HIV感染症/エイズ は、症状が出にくい典型的なSTD(性病)です。

STDとは

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る