• 2016.1.12
  • 子宮内感染 はコメントを受け付けていません。

子宮内感染

CF149_L

<女性の性病子宮内感染は、「経胎盤感染」,「経羊水感染」ともいわれており、一般に妊婦がウイルスに初感染し、血液中にウイルスが存在するウイルス血症の状態であると、そのウイルスが胎盤を通過して胎児に感染するものです。

感染時期は,妊娠2ヶ月位までの胎児が完成していない胎芽期の感染と,胎児児期の感染がある。胎芽期は胎盤の機能が未完成であるため、母親の血液を介して直接胎芽に感染がおこります。胎児期の感染を胎盤感染と呼ぶ場合があります。

妊娠時の初期感染が問題になることが多く、すでに抗体をもっている妊婦においける再感染や再活性化ではこの感染はおきにくい。

【子宮内感染の症状】

流産,死産,先天性異常になることがある。また,無症状のまま経過する場合もありますが,生れた後に新生児期や乳幼児期に症状が現れるこおもあります。風疹ウイルス,HIV,サイトメガロウイルス(未感染の妊婦が初感染を受けると,ウイルス血症がおこり、ウイルスは経胎盤性で胎児に感染する。大多数は府県性であるが、一部は各種の奇形を伴う先天性巨細胞封入体症となり,生後まもなく死亡する。

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る