• 2016.1.12
  • 女性の性病が増加中 はコメントを受け付けていません。

女性の性病が増加中

CF070_L

女性の性病セックスで移る病気は、昔には「性病」といわれ、いわゆる「遊び人」の病気と考えられていました。ある日突然!まさか私が・・・」と思う人も多いでしょう。でも、今この病気はセックスをしたことのある人なら誰もがかかりうる病気でもあります。

名前も性感染症(STD=sexually transmitted diseases)と呼ばれて、インフルエンザなどと同じような感染症として扱われるようになりました。STD感染者のピーク年齢は、女性が20代前半、男性は20代後半です。

特に1990年代以降、目だって増加しているクラミジア感染症

クラミジア感染症は、10代後半から20代女性に集中しており、20代前半女性の16人に1人、10代後半女性の23人に1人が感染者といわれます。クラミジアは感染しても無症状のことが多く、知らないうちに感染者を増やしたり、自分の病状を進行させる可能性が高いの怖いところです。

そのほか、性器ヘルペスも近年増加しており、やはり症状がないだけに知らず、知らずの内に感染が広がるエイズもHIVウィルスによって感染するSTDのひとつです。

STDには、男性より女性の方が1.4倍も感染しやすいデータが出ています。クラミジアではなんと2.3倍。女性は、性器の内側が感染経路となる粘膜で覆われていることから、感染しやすくなっています。また、性器が体の奥のほうにあるため、感染が隠れて進みやすいという女性特有の不安があります。

しかも女性の場合は、感染によって不妊症になったり、子宮外妊娠や流産・早産を招く恐れもあります。さらに、出産時には赤ちゃんまで感染させて、重い病気をもたらす危険もあります。自分やパートナーの体とともに、二人の関係を大事にするためにもセックス(性行為)でうつる病気について、正しく知っておきましょう。
何かに感染しているかも・・・という漠然とした不安。
代表的なSTD検査項目を網羅したタイプで、ひと通り検査を受けられてみてはいかがでしょうか。

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る