女性の性病検査

HT179_L

性病検査は、どんなことをするのでしょうか?
女性の性病検査STDに感染しているかどうかは、簡単な方法でわかります。
自分で膣内の分泌液を採取し検査を自宅でできる女子性病検査キットも販売されています。病院では問診によって、かゆみなどの症状、オリモノの状態などを聞かれます。
そして内診があります。内診では、できものや炎症の状態を見て確かめる視診のあと、オリモノをとって検査します。

採取したオリモノは顕微鏡で見たり、培養することによって病原体を特定できます。
その他に血液を採取して調べる血液検査も行われます。

膣分泌物検査ではわかる病気は、淋病と膣トリコモナス、カンジタ膣炎です。
血液検査でわかるのは梅毒とエイズ感染、B型肝炎です。
両方の検査でわかるのは、クラミジア感染症と性器ヘルペスです。尖形コンジロームは視診でもわかりますが、患部にできたイボを採取して組織から調べます。

女性の性病検査は婦人科で検診ができます。エイズ(HIV)の血液検査は匿名・無料で保健所で受けられます。

STD検査チェッカー
最近のSTD(性病)は、症状が出ていなくても感染していれば、他人にうつしてしまったり、体をむしばんでいくものが増えています。
不安に感じたら検査が大切。どのような病気でも、早く対処することが重要です。

ただし、それぞれのSTD(性病)には、検査可能な時期があります。
尿や膣分泌液などで調べる検査は、感染の可能性があってから2~3日たっていれば検査できます。
検査方法など、こちらでご紹介しています参考にしてください

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る