男性の性病検査

HW081_L

男性の性感染症の多くはクラミジアと淋菌です。この二つは複数同時に感染していることも多く、ひとつの検査だけでは安心できません。お近くの泌尿器科や性病科で治療をして下さiい。
また、

検査biz
男性の性器の悩み、性行為後、または、性行為類似行為後の悩みとして最も多いものに、「細菌性亀頭包皮炎(写真右)」があります。

この疾患の多くは、いわゆる性病を引き起こすような細菌によって起こるのではなく、皮膚の表面に常在している、ありきたりな細菌の感染によって、亀頭や包皮が炎症を起こした状態になるのです。
さらに、この病態が、人間が本来持っている自然治癒力によって、ひとりでに治ってしまえばいいのですが、残念ながら、この疾患は、細菌の皮膚内部への浸透速度が、常に陰部皮膚上皮の再生速度を上回るため、自然には治りにくいという特徴をもった疾患であるといえます。

男性の性感染症の中でもクラミジア感染が最も多い

男性の性感染症の中でもクラミジア感染が最も高頻度であり、初期には感染に気付きにくいため、次々と感染するケースが多いのが特徴です。クラミジアの特徴は感染のきっかけとなった性交渉後1-4週間で,尿道が赤くなるなど尿道炎の症状が起きることがあり,分泌物が下着に付着していることがあります。

【尿道に軽い炎症】   【排尿時に尿がわずかにしみる】   【濃い分泌物がでる】
いずれも軽い症状ですが放置すると菌が消えないため、いつまでもパートナーヘの感染源として菌をばらまくばかりか、自分の中でも尿道炎から、さらに体の中に入って慢性前立腺炎などをおこすようになるのでチェックが必要です。淋病は淋菌が感染して起こる病気で、性感染症のなかでも多くみられます。淋菌が侵入してから数日で排尿時に激しい痛みを覚え、尿道から黄色い膿が出るようになります。いったんは症状が弱まるケースが多く、放置しておくと慢性化して淋菌は尿道の奥へと進み、前立腺や精のう腺を侵し 前立腺炎や副睾丸炎を併発することもあります。
自宅でできる男子の性病検査キットがインターネットで販売されています。匿名でも可能なシステムですので病院に行くのが恥ずかしい人はこのような方法で検査するのもよいでしょう。費用もクラミジア検査で3000円くらいのようです。病院にいかずにすぐ検査できるというメリットはありますが、できれば通院した方が正確に検査できます。

男子の性病検査室キットの詳しい情報はこちらから

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る