妊娠初期の性病検査

HT167_L

妊娠初期(3週、4週、5週、6週目~3ヶ月)は、流産しやすい時期です。

性病検査いちばん健康管理にも注意しないといけない時期ですから、安定期に入るまで、ご主人とのセックスはできるだけ控えめにするように心がけましょう。

妊娠初期に気をつけないといけないのは、性感染症です。

つまり、セックスによって感染する性病ですが、クラミジア感染症、トリコモナス膣炎、カンジダ膣炎、尖圭コンジローマ(ヒトパピローマウィルス)など性行為で感染する病気があります。

カンジダ膣炎は、妊娠中に感染しやすいので、治癒しないと赤ちゃんに産道感染してしまう場合もありますから、妊娠期間中には定期的に検査するようにしましょう。

また、性交時にコンドームをつけたり、外陰部はいつも清潔にしておきましょう。

最近のSTD(性病)は、症状が出ていなくても感染していれば、他人にうつしてしまったり、体をむしばんでいくものが増えています。
不安に感じたら検査が大切。どのような病気でも、早く対処することが重要です。

ただし、それぞれのSTD(性病)には、検査可能な時期があります。
尿や膣分泌液などで調べる検査は、感染の可能性があってから2~3日たっていれば検査できます。

カンジダ膣炎を自宅で、性病検査できる検査キットをおすすめします。

なかなか病院へ行く時間がない・・・、病院へ行くのが苦手で心配な状態を放置したまま・・・。
そのような多くの方々に、「性病検査STDチェッカー」 はご利用いただいております。

▼性病かも?と思ったら◆性病検査 STDチェッカー◆!!▼

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る